あきる野市図書館


利用案内


開館時間
休館日
利用カードを作るには
本を借りるときは
本を返すときは
貸出期間の延長
利用制限
予約について
パスワード・メールアドレスの登録
調べたいことがあるときは
コピーサービス
障がい者サービス
児童サービス
その他のサービス


開館時間

<中央図書館>
  月曜~木曜          午前10時~午後8時
  土曜・日曜・祝日       午前10時~午後6時

<東部図書館エル>
  火曜・木曜・金曜・土曜・日曜 午前10時~午後6時
  水曜             午前10時~午後8時

<五日市図書館>
  火曜・水曜・金曜・土曜・日曜 午前10時~午後6時
  木曜             午前10時~午後8時

<中央図書館増戸分室>
  火曜~日曜          午前10時~午後6時

 

休館日

<中央図書館>
  金曜日、第3火曜日、年末年始、特別整理日


<東部図書館エル> <五日市図書館> <中央図書館増戸分室>
  月曜日、祝日、年末年始、特別整理日

利用者カードを作るには

図書館で資料を借りるには利用者カードが必要です。0歳から登録できます。
次の方が利用者カードを作ることができます。

 ●あきる野市内に在住・在勤・在学
 ●西多摩の市町村(青梅市、福生市、羽村市、瑞穂町、日の出町、檜原村、奥多摩町)に在住
 ●八王子市・昭島市に在住

住所を確認できるもの(運転免許証・健康保険証・マイナンバーカード等)をお持ちください。
利用申込書に氏名・住所等を記入していただくと、その場で利用者カードを発行します。
申請できるのは、原則として来館したご本人に限ります。ただし、来館が困難な場合はお問い合わせください。
利用者カードは市内の全ての図書館で使えます。
住所や電話番号が変わったときは、カウンターにて変更の手続きをしてください。(住所変更の場合は、住所確認ができるものをお持ちください。)
有効期間は3年間です。3年ごとに登録更新手続きが必要です。
万が一紛失等した場合は、カウンターまでお申出ください。

本を借りるときは

利用者カードが必要です。(忘れた場合はお申し出ください。)
種類・貸出冊数・貸出期間は次のとおりです。

 
資料の種別 期  間 点  数
図書・雑誌・紙芝居 3週間
(一部、1週間の資料があります)
制限なし
音声資料
(CD・カセット)
1週間 2点以内
映像資料
(DVD・ビデオ)
1週間 2点以内

●DVDは、中央図書館で所蔵しています。東部図書館エル、五日市図書館、中央図書館増戸分室には所蔵していませんので、予約してご利用ください。

●CDは、東部図書館エル、五日市図書館で所蔵しています。中央図書館、中央図書館増戸分室には所蔵していませんので、予約してご利用ください。


本を返すときは

市内のどの図書館でも返せます。(他自治体の図書館で借りたものは返せません。)
図書館内の「返却カウンター」または「返却箱」か市内に設置している「返す本のポスト」に返却してください。
CD・DVDや破損しやすい資料、都立図書館等の他自治体の図書館から取り寄せた本は、図書館のカウンターに直接ご返却ください。
資料が長期間返却されない場合は、貸出停止となる場合があります。
資料を紛失した場合、また、汚したり破損した場合も弁償していただく場合があります。

貸出期間の延長

返却期限日を延長することができます。
 返却期限を過ぎていない資料で予約の入っていない資料については延長することが出来ます。
 なお、延長手続きを行った日から起算して新たに返却期日を設定します。

<延長手続方法>
【ホームページ】 
 「マイページ」から手続きができます。(パスワードの登録が必要です。)
【館内の資料検索機(OPAC)】
 「利用状況の確認・設定」から手続きができます。(パスワード登録が必要です。)
【カウンター】
 利用者カードをご提示の上、お知らせください。資料現物を持参されない場合、延長手続きは1回限りとなります。
【電話】
 利用者カードの番号と延長したい資料名をお知らせください。延長手続きは1回限りとなります。


利用制限

返却期限を超過した場合、利用制限することがあります。なお、該当資料の返却をもって解除となります。
長期未返却の場合は新規予約の受付や取置資料の貸出をすることができなくなります。
図書館利用停止のお知らせが届いた方は、図書館サービスの利用ができなくなります。


予約について

<予約資料について>
 お探しの資料がない場合は、予約ができます。
 市内の図書館に所蔵するものは、取寄せや返却待ちによりご用意します。

【図書】
 市内の図書館で所蔵していない場合は、購入したり他自治体の図書館からの借用によりご用意します。

【雑誌】
 市内の図書館で所蔵していない場合は、他自治体の図書館からの借用によりご用意します。
 発行されていない号の予約はできません。

【視聴覚資料(DVD・CD・カセットなど)】
 市内の図書館に所蔵している資料に限ります。

 タイトルがはっきりわからないときや、テーマで探している場合等は、職員にご相談ください。


<予約受付の範囲>
【本】
 学習参考書・問題集・コミック・書き込みやカード式のもの等 ⇒ 予約できません。
 発売時期が未定のもの ⇒ 予約できません。
 外国語の本 ⇒ 他自治体から借用できるものしか予約できません。
 新刊図書(都立図書館・他自治体の図書館から借用する場合)⇒ 一定期間は借用できません。
 出版年の古い本(都立図書館から借用する場合)⇒ 刊行後30年を経過した本は借用できません。
 CD-ROM/DVD付きの本 ⇒ 出版社から貸出の許諾が得られないものは予約できません。

【雑誌】
 最新号 ⇒ 図書館で受け入れしている号は、予約できます。
 バックナンバー ⇒ 保存年限内で予約できます。
 市内の図書館にない雑誌 ⇒ 都立図書館や他自治体の図書館から借用できるもののみ予約できます。

【視聴覚資料(DVD・CD・カセットなど)】
 市内の図書館に所蔵しているもの ⇒ 予約できます。
 所蔵していないもの ⇒ 予約できません。

<予約方法>
 予約できる件数は次のとおりです。
  図書・雑誌・紙芝居  合わせて20件まで
  DVD・CD・カセット等  4件まで
 市内の図書館に所蔵するものは、ホームページや館内の資料検索機(OPAC)から直接予約することができます。
 (パスワードの登録が必要です。)
 市内の図書館で所蔵していないものは、「予約カード」に記入の上カウンターの職員にお渡しください。
 電話でも受け付けております。

<予約取置の連絡>
 予約資料が用意できましたら、あらかじめ指定していただいた連絡方法で図書館からお知らせします。
 連絡を「不要」とした場合は、ご自分で確認をお願いします。
 メールアドレスを登録すると、予約取置のお知らせをメールで受け取ることができます。

<予約の状況確認>
 予約資料は、ホームページの「マイページ」または館内の資料検索機(OPAC)の「利用状況の確認・設定」から確認することができます。予約状況画面で状態が「取置済」という表示になりましたら、貸出を受けることができます。休館日をご確認の上、取置期限までにお受け取りください。
 予約カードで受け付けた未所蔵の新刊図書についても、受付日時順にご用意しています。ただし、処理の都合上、一時的に予約順位が前後して表示される場合もありますのでご了承ください。

<取置期間>
 取置期間は10開館日です。
 取置期間を過ぎても受け取りに来ることができない場合は、予約取消になりますのでご注意ください。
 連絡方法を「不要」とされた場合も、本の用意ができてから10開館日の取置となりますので、ホームページや館内の資料検索機(OPAC)で、ご自分で確認してください。

<予約の変更と取消>
 予約した資料の「受取館の変更」「連絡方法の変更」と「予約取消」については、カウンターや電話のほか、ホームページや館内の資料検索機(OPAC)からもおこなうことができます。
 ただし、予約状況が「取置済」と「配送中」の時に取消したい場合は、電話かカウンターにてお申し出ください。ホームページと館内の資料検索機(OPAC)からはできません。

<在庫の資料への予約>
 在庫の資料資料について、ホームページや館内の資料検索機(OPAC)から予約しても、すぐに取置できないことがあります。データ上は在庫であっても、館内の利用者の方に先に貸し出されたり、所定の棚にない行方不明状態の場合もあります。不明のときは、他自治体からの借用や購入の手配となりますが、ご用意できるまで時間がかかります。「取置済」になったことを確認の上、ご来館ください。

<障害者用デイジー・障害者用カセットテープ>
 障害者用デイジー・障害者用カセットテープは著作権法に基づき、視覚障害者等の方のために音声化したものであるため、一般の方には貸し出しできません。検索して表示されても、予約はできませんので、ご理解ください。
 ご利用を希望される方は別途登録が必要ですので、お近くの図書館にご連絡ください。


パスワード・メールアドレスの登録

事前にパスワード・メールアドレスを登録することにより、ホームページや館内の資料検索機(OPAC)から次のことができます。

<パスワードの登録によりできること>
●あきる野市図書館で所蔵している資料の予約【中学生以上の方】
●予約資料の確認・取消【中学生以上の方】
●貸出状況の確認
●貸出期間延長
●メールアドレスの登録・変更

<パスワードの登録方法>
ホームページの「マイページ」または館内の資料検索機(OPAC)の「利用状況の確認・設定」から登録することができます。
登録するときには利用者番号(利用者カードに印刷された番号)、氏名、生年月日、電話番号の入力が必要です。
パスワードは、個人管理となります。忘れないようにご注意ください。

<パスワードを忘れた場合は>
ホームページの「マイページ」または館内の資料検索機(OPAC)の「利用状況の確認・設定」から、ご自身でリセット(初期化)することができます。
リセットした後、再度パスワード登録をお願いします。

<メールアドレスを登録すると>
予約取置の連絡や、図書館からのお知らせを受取ることができます。

<メールアドレスの登録方法>
ホームページの「マイページ」または館内の資料検索機(OPAC)の「利用状況の確認・設定」から登録することができます。
なお、次のようなメールアドレスにはメールを送ることができませんのでご注意ください。
 ●先頭に記号が入っている
 ●@の直前に「.」が入っている
 ●連続して「.」が使われている

<メールアドレス登録の確認>
メールアドレスを登録すると、登録されたアドレスに当日中に確認のためのメールを送信します。
確認メールが届かない場合は、登録されたアドレスが違っていること、上記の「送信できないメールアドレス」が登録されていることも考えられます。アドレスの登録・変更画面から確認・修正をお願いします。
登録されたアドレスが間違っていても、予約の連絡メールは機械的に送信されます。修正しないと、予約のメールを受け取れないまま取置期間が過ぎてキャンセルとなる場合もありますので、ご注意ください。
ご自身で迷惑メール対策の設定をされている場合、図書館からのメールを受信できない場合があります。
あきる野市図書館から送信するメールアドレスは<info@library.akiruno.tokyo.jp>です。
このアドレスからメールを受信できるように設定してください。
ドメイン指定でメールの着信拒否設定をされている方は、あきる野市図書館のドメイン<@library.akiruno.tokyo.jp>からのメールが受信できるように設定を変更してください。


調べたいことがあるときは

読みたい本が見つからないときや調べたいことがあるときは、ご相談ください。
図書館の本や雑誌、インターネット情報を使って調べもののお手伝いをします。
あきる野市図書館で解決できない場合は、東京都立図書館、国立国会図書館、類縁機関に問い合わせをすることもできます。
また、中央図書館、東部図書館エルではレファレンスカウンターで相談をお受けしています。


コピーサービス

調査・研究の目的であれば、所蔵している資料のコピーができます。(1枚につき白黒10円)
コピーは著作権法第31条の範囲内で行います。また、新刊の雑誌・新聞の記事、住宅地図などはコピー範囲に制限があります。
個人の本や書類はコピーできません。図書館の資料のみコピーできます。

「複写申込書」にご記入の上、お申し込みください。



障がい者サービス

あきる野市の図書館では、いつでも・どこでも・だれもが学び、情報が活用できる図書館」を基本理念にサービスを実施しています。
通常の活字では読書が困難な方や肢体不自由・寝たきりなどで図書館への来館が困難な方が、必要な情報にアクセスできるよう、各種サービスを提供しています。
市内にお住まいの方を対象としておりますので、サービスを希望される方はお近くの図書館でご相談ください。

<ご利用いただけるサービス>
 ●対面朗読(視覚に障がいを持つ方)
 ●DAISY(デイジー)などの録音資料や点字資料の貸出
 ●郵送サービス(来館が困難な方)
 ●読書をサポートする機器の貸出
 ●大活字、布の絵本、LLブックの貸出

<サービスを利用するには>
図書館の利用者登録(利用者カード)のほかに、障がい者サービスの登録が必要です。図書館で登録をしてください。(増戸分室をのぞく)
登録の際には、ご本人の氏名・住所・障がい等の内容を確認させていただきます。
登録される方の証明書(身体障害者手帳・療育手帳〔愛の手帳〕・介護保険被保険者証等)が必要になります。
来館が困難な場合は、ご家族やヘルパーの方が代理で申請することもできます。代理の方の身分証明書が必要になります。事前にご相談ください。
拡大読書器、携帯型拡大読書器、よみともライト、大活字本、布の絵本、LLブックは図書館の利用者登録のみで利用できます。

障がい者サービスの登録で利用できるサービス

<対面朗読>
視覚に障がいを持つ方に、資料を対面で読みます。録音機材と録音媒体をご用意いただければ、同時録音もできます。
 ●利用時間 1回2時間まで(図書館の開館時間内)
 ●場  所 中央図書館録音室、東部図書館エル対面朗読室、五日市図書館視聴覚室
 ●申込方法 希望する日の前日の午前中までに希望する図書館へ申し込みください。

<録音資料・点字資料の貸出>
DAISY(デイジー)などの録音資料や点字資料の貸出をしています。所蔵していない資料は、全国の図書館から取り寄せたり、製作しますので、提供までに時間がかかる場合もあります。申込みは電話でも受け付けています。
都立中央図書館で製作している「東京都公立図書館録音・点訳図書、拡大写本 新作情報」のDAISY(デイジー)版の貸出をしています。
所蔵しているDAISY(デイジー)やカセットテープなどの録音資料、点字資料は、それぞれのタイトル一覧をご覧下さい。
 DAISYタイトル一覧(PDF)
 カセットテープタイトル一覧(PDF)
 点字資料タイトル一覧(PDF)
<郵送サービス>
図書館に来館するのが困難な方に、資料や雑誌、録音資料、点字資料を郵送しています。
 ●利用方法 1回につき10冊(録音資料は10冊相当巻数)
 ●貸出期間 1ヶ月以内
 郵送サービス(PDF)

<録音資料の送付について>
DAISY(デイジー)やカセットテープで製作している「毎日新聞書評欄」、「郷土あれこれ」の送付は図書館へ連絡をしてください。
 ●取り扱い館 中央図書館、東部図書館エル、五日市図書館
 ●※「広報あきる野」、「あいネットあきる野」、「市議会だより」、「一房のぶどう」は、障がい者サービスの登録がなくても利用できます。
あきる野市社会福祉協議会へ連絡をしてください。【042-559-6711】

<プライベート資料の製作>
必要な資料などを音訳(点訳)して提供しています。資料と録音する媒体や機器(点訳用紙)などはご用意ください。

<DAISY(デイジー)図書再生機プレクストークの貸出>
DAISY(デイジー)図書を再生する再生専用機プレクストーク(PTN2)の貸出をしています。 →DAISYとは
事前にご予約をしていただき、貸出と返却は中央図書館、東部図書館エル、五日市図書館のいずれかご希望の館へご来館ください。
ご来館が困難な方は、ご相談ください。
 ●貸出期間  3週間以内

障がい者サービスの登録が必要のないサービス

<大活字本>
通常の活字では読みにくい方のために、文字の大きさや行間を考慮して大きい文字で作られている本を大活字本といいます。
大きい文字を使用しているため、通常の活字で1冊の本が、数冊で1冊の内容となって出版されることが一般的です。
文字の大きさは14~22ポイントが使われています。
大活字本タイトル一覧(PDF)

<布の絵本>
布地はフェルトや木綿などを使って製作されており、手触りがよく温かみのある絵本です。
マジックテープ、スナップ、ボタン、ファスナー、ひもなどで絵をはずしたり、付けたりと遊んで楽しむなかで、指先を動かすことで手先の訓練にもなると言われています。
大きい文字を使用しているため、通常の活字で1冊の本が、数冊で1冊の内容となって出版されることが一般的です。
貸出しできるもの(貸出期間:1週間以内)と、館内閲覧のものがあります。
市内のボランティア団体「布の絵本ぽけっと」のご協力により製作したものが図書館の蔵書となっています。
布の絵本タイトル一覧(PDF)

<LLブック>
LLとはスウェーデン語の略語を用いたもので、日本語で「やさしく読める」という意味で使われています。
知的障がいや読み書き障がいなど、通常の活字での利用が困難な方にも理解できるように、レイアウトや絵、内容などが工夫されています。
中央図書館で所蔵しています。
LLブックタイトル一覧(PDF)

館内にある補助機材

 ●拡大レンズ(所蔵:中央図書館、東部図書館エル、五日市図書館)
 ●拡大読書器(所蔵:中央図書館、五日市図書館  利用時間:3時間)
 ●携帯型拡大読書器(所蔵:中央図書館  利用時間:1時間)
 ●よみともライト(所蔵:中央図書館  利用時間:1時間)
 ●リーディングトラッカー(全館)

障がい者サービスを支えるボランティア団体

図書館での障がい者サービスは、ボランティアの協力によって行っています。
活字による読書が困難な方に情報提供するため、活字を音声化(音訳)や点訳化して提供することや、布の絵本を製作しています。
図書館で活躍しているボランティアを紹介します。

<音工房ひびき>
音工房ひびき 主に、図書館の障がい者サービス登録者へ録音資料の製作や、対面朗読を行っています。
毎月の定期的な活動としては、毎日新聞書評欄「今週の本棚」をDAISY化し、希望する登録者へお届けしています。
また、カセットテープで製作してきた、あきる野市教育委員会発行の「郷土あれこれ」のDAISY化も行っています。
(活動場所:五日市図書館)

<声のボランティア エコー>
声のボランティア エコー 図書館での対面朗読の他に、広報あきる野1日号、あきる野 白ばら、あいネットあきる野の偶数号をDAISY化し、希望する登録者へお届けしています。
(活動場所:秋川ふれあいセンター)

<音訳ボランティアサークル えくぼ>
朗読ボランティアサークル えくぼ 図書館での対面朗読の他に、広報あきる野15日号、ギカイの時間、一房のぶどう、あきる野市内医療機関一覧、あいネットあきる野の奇数号をDAISY化し、希望する登録者へお届けしています。
(活動場所:五日市交流センター)

<点字サークル「まど」>
点字サークル「まど」 点字を使って広報あきる野や書類、本などを点訳し、視覚障がい者の方へお届けしています。
また、市内の学校で点字体験講習会などを行い、点字についての理解を広めるための活動も行っています。
(活動場所:秋川ふれあいセンター、中央図書館)

<布の絵本ボランティア ぽけっと>
フェルトや木綿などの布地を使用し、製作許可済みの絵本を中心に布の絵本を製作しています。
閲覧用と一部貸出しできるタイトルがあります。活動場所の東部図書館エルには2階のエレベーター横に、季節によってボランティア製作の水族館やクリスマスツリーのタペストリーを飾っています。
(活動場所:東部図書館エル)


児童サービス

おはなし会、子ども映画会などを定期的に開催し、本を読むこと、楽しむことを伝えるお手伝いをしています

おはなし会

子どもの読書活動推進事業

赤ちゃんから一緒に参加できる楽しい催しを、定例的に開催しています。

事業名 対象 内容 会場
わらべうたのじかん 0歳~2歳の乳児とその保護者 わらべうたや読み聞かせ 中央図書館
東部図書館エル
五日市図書館
おはなし会 幼児・児童 絵本の読み聞かせやお話の語り聞かせ 中央図書館
東部図書館エル
五日市図書館
子ども映画会 幼児・児童 絵本に関連した映画の上映と関連図書の展示 中央図書館
五日市図書館
みんなかざろうじどうしつ 幼児・児童 工作教室及び展示 東部図書館エル
☆このほかに、人形劇・工作や原画展なども開催しています。開催日時などの詳細は、「イベント」のページまたは各館へお問い合わせください。


その他のサービス

<団体貸出>
学校市内の団体(学校、幼稚園、保育園、地域文庫、サークルなど)にまとめて本をお貸しします。
老人ホーム等の施設に本をまとめて貸し出しています。詳しくは、各図書館にお問い合わせください。

<広域・相互利用>
あきる野市にお住まいの方は、西多摩の市町村(青梅市、福生市、羽村市、瑞穂町、日の出町、檜原村、奥多摩町)と八王子市、昭島市の図書館が利用できます。
利用には各自治体の「利用者カード」が必要となります。利用を希望する方は、各市町村の図書館で登録手続きを行ってください。
(登録には、運転免許証・健康保険証などの氏名・住所の確認が出来るものが必要となります。)

<大学図書館・相互利用>
八王子市図書館との相互利用協定により、あきる野市民の方も、八王子市内の大学図書館を利用することができます。
あきる野市民が利用できる大学図書館

<16ミリフィルム等の貸出>
市内及び西多摩地域の団体(学校、幼稚園、保育園、地域文庫、町内会、自治会など)に16ミリフィルム、映写機等の貸出をしています。
 あきる野市図書館16ミリ映画フィルム等貸出要綱
 (様式1)あきる野市図書館16ミリ映画フィルム等貸出団体登録申請書
 (様式3)あきる野市図書館16ミリ映画フィルム等貸出団体登録事項変更届
 (様式4)あきる野市図書館16ミリ映画フィルム等利用申込書兼返却確認票

                                             このページのトップに戻る